• Article
  • Googleフォームの基礎

    posted at 2018年10月2日

    GoogleフォームはGoogleが無料で提供している便利なサービスで、手軽にアンケートを作成できます。

     

    機能が豊富な上、セキュリティーの観点からも申し分ないので、マスターして損はないです。

     

    GmailやGoogleスプレッドシートと連携できるのも最高ですし、Google Application Scriptを用いると相当高度なことができます。

     

    この記事では、超基本的な使い方を書いていこうと思います。

     

    はじめに

    この連載を読むのに必要な事項

    • Googleのアカウントを持っていること
    • Googleドライブを知っている人
    • パソコンを持っている人

     

    この記事の目的

    • まずは簡単なGoogleフォームを作り、送ることができるようになる

     

    Googleフォームを作る

    一番大事なのはまず作ってみることです。

     

    この記事では、以下のGoogleフォームを作ることが目標です(実際に答えて頂くことも出来ます笑)。

     

     

    まずはパソコンでGoogleドライブにアクセスしてください(スマホでも出来ますが、今回はパソコンで)。

    その先、下のスライドショーの通りに進めて行きましょう

    ぜひ、この記事を読みながら一緒にGoogleフォームを作ってみることをおすすめします

    ここまではそんなに難しくないと思います。

     

    Googleフォーム練習用のフォルダーは、必ずしも作る必要はないです。

     

    ただ、片付けでは収納が大事なのと同じように、パソコンのファイル整理はフォルダーにまとめるとすっきりします。

     

    ここまでできたら次に行きましょう。

     

    作ったGoogleフォームに名前を付ける

    作ったGoogleフォームにはすぐに名前を付けるのが基本です。

     

    今回は「好きな季節のアンケート」という名前のGoogleフォームを作ることにします。

     

    それでは下のスライドショーの通りにやってみましょう。

     

    Googleフォームの左上には、Googleフォームファイルの名前が表示されています。

     

    作ったばかりのGoogleフォームでは、「無題のフォーム」となっているので、まずはここを書き換えましょう。

     

    今回は「好きな季節のアンケート」と入力します。

     

    入力が終わったら、どこでも良いので空いたスペースをクリックしてください。

     

    すると、フォームタイトルも自動で「好きな季節のアンケート」になります。

     

    もし、左上のGoogleフォームファイルの名前と、フォームタイトルの名前を同じにしたくない場合は、後でフォームタイトルを変更すれば大丈夫です。

     

    ちなみに、Googleフォームファイルの名前は、アンケート回答者には表示されません。回答者にはフォームタイトルだけが表示されます。

     

    少し細かいことも書いてしまいましたが、スライドのとおりGoogleフォームに名前が付けられたら、今度はいよいよ質問を作っていきます。

     

    質問を作る

    Googleフォームでは、質問に対して文章で回答してもらったり、選択肢を選んでもらったり、など様々な形で回答を受け付けることができます。

     

    機能を体験してもらうために、少し長めのスライドを用意しました。

     

    スライドショーの通りに進めてみて、Googleフォームの大雑把な機能をつかみましょう。

     

    少し難しいと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、直感的に操作できるのもGoogleフォームの良いところです。

     

    回答の形式に関しては、煩雑さを避けるために「記述式」「ラジオボタン」「段落」の3つしか扱っていませんが、他の形式も試しにつかってみると理解が深まると思います。

     

    ちなみに、フォームがどのように表示されるか確認したい場合は、以下の画像のプレビューをクリックすれば確認できます。

     

     

    さて、続いては最後のスライドです。

     

    Googleフォームを送信する方法を説明します。

     

    出来上がったGoogleフォームを送信する

    作ったGoogleフォームを送る方法です。

     

    ここでは2種類の方法を紹介します。

     

    1. URLで送信する
    2. Webサイトに埋め込む

     

    それではスライドをご覧ください。

     

    送信はそこまで難しくないと思います。

     

    URLさえ取得してしまえば、スライドのようにメールで送ることはもちろん、LINE, Twitter, Facebookの投稿にも貼れます。

     

    URLは媒体を選ばないので便利です。

     

    Webサイトに埋め込むのも、タグを一個貼るだけなのでそこまで難しくないでしょう。

     

    Googleフォームを有効活用していきましょう

    この記事で簡単なフォームは作れるようになったでしょうか。

     

    始めは少し苦戦するかもしれませんが、しだいにGoogleフォームの便利さを実感していただければと思います。