• Article
  • 感染経路

    posted at 2019年2月13日

    ※編集中

    飛沫感染

    インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、ムンプスウイルス、マイコプラズマ、髄膜炎菌

     

    空気感染

    結核菌、麻疹ウイル、水痘・帯状疱疹ウイルス

     

    接触感染

    直接接触感染

    【性行為感染症】

    細菌:

    Neisseria gonorrhoeae(淋病)、Treponema pallidum(梅毒)、Haemophilus ducreyi(軟性下疳)、Calymmatobacterium granulomatis(鼠径肉芽腫)

    クラミジア:

    Chlamydia trachomatis L1-L3(鼠径リンパ肉芽腫)、Chlamydia trachomatis D-K / Ureaplasma urealyticum(非淋菌性尿道炎・膣炎)

    ウイルス:

    HSV-1 / HSV-2(性器ヘルペス)、HIV(AIDS)、HPV-6,11(尖圭コンジローマ)、HPV16,18(子宮頸がん)、HBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)、Cytomegalovirus、HTLV1(成人性T細胞性白血病)

    原虫:

    Trichomonas vaginalis(膣トリコモナス症)、Entamoeba histolytica(アメーバ赤痢)

    節足動物:

    Phthirus pubis(毛じらみ症)、Sarcoptes scabiei var. hominis(疥癬)

    間接接触感染

    クロストリジウム・ディフィシル、MRSA、ノロウイルス

     

    経口感染

    カンピロバクター、サルモネラ菌、ノロウイルス、HAV、HEV、赤痢アメーバ、アニサキス

     

    媒介動物感染

    編集中

     

    血液・体液感染

    HIV、HBV、HCV、Cytomegalovirus、エボラウイルス

     

    HIV、HBV、HCVは針刺し事故が怖いウイルス。HBVは針刺しによる感染成立率が高いようだがワクチンがある。

     

    垂直感染

    経胎盤:

    梅毒トレポネーマ、風疹ウイルス、トキソプラズマ

    産道感染:

    B群溶血性レンサ球菌、クラミジア、淋菌、HSV-2、HIV、HBV、Cytomegalovirus

    母乳感染:

    HTLV-1、HIV、Cytomegalovirus